ユーザ用ツール

サイト用ツール


rules:basic


基本ルール

対戦画面の説明



ネクサス:相手のネクサスのHPを先に0にしたプレイヤーが勝利となります。

手札(ハンド):ここにあるカードをプレイすることでユニットを召喚したりスペルを唱えることができます。

山札(デッキ):ここから毎ラウンドカードを引きます。山札の上にカーソルをかざす(モバイルならタップ)することで相手/自分のデッキ内のチャンピオンとレベルアップの進捗を見ることができます。

場(盤面):ユニットはまずここに召喚されます。相手の場にいるユニットと味方の場にいるユニットが不釣り合いであるとネクサスに大きなダメージが与えられるでしょう。

戦闘エリア:ここでユニット同士が戦闘をします。詳しくは戦闘の項で述べます。

マナジェム:カードをプレイするためのコスト。ターン終了ボタン脇の青い四角と丸で表示されているもので、ラウンド数と同じ量がラウンド開始時に生成されます。詳しくはマナとスペルマナ

デッキ地域:デッキに使用された地域。詳しくはデッキ構築で。

オラクルの目:操作を確定する前にカーソルをここにかざすと、このまま確定した場合の仮の結果を表示してくれます。

アタックトークン:アタックする権利。詳しくは戦闘で。

解決前のスペル: スペルとスキルの項で説明します。


マリガン

マリガンとは対戦開始の初期手札を選んで引き直すことです。

マリガンはカードゲームにおいて一つの腕の見せ所でもありますが、マナコストの低いカードを選ぶことが基本となります。


ターンとラウンド

ターンとは、手札からカードをプレイできるタイミングやアタックできるタイミングを表すもので、ユニットのカードをプレイした時または右部のボタンを押した時に相手に移行します。

ラウンドは、複数のターンで構成されるもので、ラウンドの開始時に両プレイヤーは山札からカードを1枚引き、マナの最大値を1増やします。両プレイヤーが連続して、どちらもカードを操作することなくターンを終了(パス)した時に次のラウンドへと移行します。

つまり、あなたと相手が交互にカードを操作することでターンを受け渡し、どちらもそのラウンドにプレイできる、又はプレイしたいカードが無くなることで次のラウンドに移行する、これを繰り返していくのが基本的なゲームの進行となります。

また、ラウンド中の最初のターンを得るのは、奇数ラウンドなら先攻プレイヤー、偶数ラウンドなら後攻プレイヤーとなります。(これを先制権と呼び、またそのプレイヤーにアタックトークンも与えられます。)


ユニット

ユニットとはコスト、攻撃力、体力、(能力)を持ったカードのことで、フォロワーチャンピオンの二種類に分類されます。

チャンピオンは強力な効果を持ったユニットであり、デッキの中核となるでしょう。チャンピオン、"ガレン"

全てのチャンピオンはレベルアップが可能であり、カードが山札中であろうと一定の条件を満たすことでレベルアップをします。(場に存在している時のみレベルアップできるチャンピオンも存在します。)
レベルアップをすることで攻撃力や体力が向上し、能力も強力なものへと変わります。

また、チャンピオンが場に居るとき、手札に存在する同名のチャンピオンはチャンピオンスペル(効果はデッキに入れられる同名のスペルと同じですが使用した時にそのチャンピオンをデッキに混ぜる効果が付きます)に変化します。

フォロワーはそれ以外のユニットで、能力を持たない場合もあります。また、フォロワーのみを対象に取るスペルも存在します。

キーワード能力等の説明は用語集で述べています。

フォロワー、"クラウドフィールドのシスリア"


戦闘

アタックとブロック

  • アタックとはアタックトークンを所持した状態でのみ可能な操作で、場に居る味方のユニットを戦闘エリアに配置し、ターン終了ボタンを押すことです。アタックを行うことでアタックトークンは消費されます。
  • ブロックとはアタックされた側の操作で、場にいる味方のユニットを戦闘エリアに配置し、ターン終了ボタンを押すことです。
    • あるユニットに対してどのユニットが戦闘を行うかというのは基本的にブロック側が決めることになります。アタック側はそれに留意してどのユニットをアタックさせるかを決めましょう。

アタックトークン

  • アタックトークンとはアタックを行う権利のことで、基本的に先制権を持つプレーヤーに与えられますが、カードの効果によって与えられる場合もあります。(画像は先制権を持つプレイヤーがアタックをしてトークンを消費し、先制権を持っていないプレイヤーがカードの効果によってトークンを得ている、という状況になります。)

スペルとスキル

スペルとはコスト、効果を持ったカードのことで、スロウファストバーストの三種類に分類され、スペルマナを利用可能です。(スペルマナはマナの項で)

スロウスペルはアタック時に詠唱できないスペルで、またスタックが空でない時も詠唱できません(スタックについては詳しいルールを参照)。他のスペルと異なり、相手の行動に対応することのできないスペルです。ユニットの召喚や強力な全体除去、味方全体へのバフはスロウスペルに該当することが多いです。

ファストスペルは詠唱に際し上記のような制限の無いスペルです。単体除去や単体ダメージスペルは基本的にこれに該当します。

バーストスペルは上記の制限が無いことに加えて、詠唱後に即時発動して相手にターンが渡らない特性を持ちます。ドローや、1~2体へのバフは一般的にバーストスペルです。

スキルとは一部のユニットの能力によって生じるスペルのような効果で、除去やダメージを与える効果であることが多いです。
ユニットの能力がスキルに当たる場合、その能力のテキストに◎マークが表示されます。


マナとスペルマナ


マナとは、カードをプレイするためのコストであり、ラウンド数と同じ数が毎ラウンド生成されます。
ターン終了時に使用されなかったマナは最大3つまでスペルマナとして貯めることができ、スペルマナはスペルの使用でのみ消費することができます。(スペルマナは優先的に使用されます)

このスペルマナを有効活用するためにはスペルが必須であり、どのようなデッキでもスペルを何らかの形で活かすことが重要となるデザインとなっています。


デッキ構築

デッキを組む場合もルールがあります。

  • 一つのデッキに入れられる同名カードの枚数は三枚まで
  • チャンピオンカードは合計六枚まで
  • カード地域は二つまで
  • カード総数は40枚

この4つです。

地域というのは6つあるカードグループのことで、全てのカードはいずれかの地域に所属しています。
このゲームは一般的なデジタルカードゲームと異なり中立に当たるカードがありません。これによって非常に多様なデッキを組むことが可能となっています。

これで基本ルールの解説は終わりです

もっと深く知りたい方は
詳細なルールは詳しいルール、カードの効果は用語集、個別カードについてはカードリスト、リワード等については進行システムに書かれています。

コメント

名無し, 2020/05/21
スペルとスキルの項目を修正しました。ゲーム内の用語に則してスペルの「詠唱」と「発動」という言い方に直して、一部の文言を変えました。
スペルの発動の仕組みは詳しいルール案件でしょうか?
コメントを入力:
V C V X M
 


rules/basic.txt · 最終更新: 2020/08/08 by administrator