ユーザ用ツール

サイト用ツール


advance:tips


Tips

ここでは対戦時の操作に関する小技を扱います。


初ターンアタック

アタックは条件を満たしていればいつでも可能ではありますが、ラウンド開始直後のターンにアタックを確定させることには明確なメリットがあります。
アタック中にはスロウスペルとユニットをプレイできないため、相手の行動を縛ることができ、結果として場のユニットの打点をネクサスに通す確実性が高まります。
これだけをしていれれば勝てるという訳ではありませんが、重要な選択肢であることは頭に入れておくといいでしょう。


カードプレイの駆け引き

バーストスペル以外のカードをプレイすると相手にターンが渡ってしまうため、カードをプレイする順番やプレイすること自体も考えて行う必要があります。
この最善手は場合による、としか言えないものとなっていますが、ここではある程度汎用性のある考え方を示します。

  • 軽いカードからプレイする
    • これはこちら側の選択肢を増やすことに繋がります。重いカードに対して対抗カードを使用されてしまうとマナの面で大きく後れを取ってしまうかもしれませんが、軽いカードならばもし対抗されても小さな損害で済みますし、その対抗策に対する対抗策を使用するマナが残っているかもしれません。
  • より有効なタイミングまで待つ
    • 特に除去のような対抗カードにおいて言えることですが、あるカードを一見使用したいように思える状況でも、その後更に効果的に作用するタイミングがやってくるかもしれません。0にさえならなければネクサスがどれほど削られても問題は無いので、待つという選択肢は重要です。

これはゲームプレイの根幹部分であり、正しい判断を下すにはカードプールの知識や経験がものを言います。カードプレイのセンスを磨けば勝利がぐっと近づくでしょう。


スペルマナの活用

ラウンド終了時に使用されなかったマナはスペルマナとなり貯められていきます。これにより、カードをプレイせずに次のターンに重いスペルをプレイする準備を行う選択肢が生じます。マナがスペルマナとして変換されるならば、スペルが有効に使用できるタイミングまで待つ行為のデメリットが非常に軽くなります。(特に相手に対応されないバーストスペル)


アタック・ブロック時のユニットの配置

アタック解決時には左側のユニットから攻撃が行われます。
そのためアタックの配置によって、左側のユニットの攻撃を右側のユニットの効果のトリガーとすることができます。
またアタック/サポートの効果も左から順に適用されます。例えばエリス義勇のシスリアが居る時にエリスをシスリアの左に配置することで召喚された子蜘蛛にもバフを乗せることができます。


チャレンジャーのブロッカーの指定

チャレンジャーでアタックを行うときに、ブロッカーを指定しないことは相手に選択肢を与えているだけになってしまいます。不利トレードを嫌うならばブロッカーを指定すべきです。


アタックをすかす/サクリファイス・エスケープ

ブロック確定後にブロッカーが戦闘エリアを離れた場合、相手のアタックは不発に終わります。
この効果を逆手に取り、一部のスペルで自身のブロッカーにダメージを与えたり自壊させる等してブロッカーをあえて破壊することで、相手フォロワーのストライク付随効果を避けることができます。
このテクニックはサクリファイス・エスケープと呼ばれています。
フォロワーが相手のスペルの対象に取られた際も同様のテクニックが活用できます。
例外としてオーバーパワーを持ったユニットはすかされても攻撃がネクサスに通るので、オーバーパワーには注意しましょう。


ユニットの並び替え

アタックトークンを持った状態なら、ユニットを戦闘エリアに出し、そして戻すという操作を行うことでユニットを並び替えることができます。
同じ条件の対象が複数存在する場合は左の対象が優先されるため、この操作を利用して最も強い・弱いユニットのように対象を取らない効果でどのユニットが選ばれるかを変更できます。
有効な場面は少ないかもしれませんが覚えておいて損はないでしょう。


複数のユニットをまとめて選択

アタック時にカードを1枚持ち、他のカードと重ねることで、まとめて選択することができます。
またドラッグ中に早く触れた順でアタック時に左から並ぶため、順番もしっかり調整できます。慣れれば一枚ずつ出すよりずっと早くアタックできるようになります。


コメント

, 2020/02/19
アタックすかすと相手のストライクが発動しないので、カタリナなどの対処時はとっても便利
コメントを入力:
E A L C P
 


advance/tips.txt · 最終更新: 2020/09/17 by administrator